ホーム > 活動紹介 > 2020年からのSOx・PM 規制強化に関するセミナー
活動紹介一覧
 

2020年からのSOx・PM 規制強化に関するセミナー

開催日:2016年 11月29日

2016年10月に開催された第70回海洋環境保護委員会(MEPC70) において、排出規制海域(ECA)を除く全海域において使用される舶用燃料中硫黄分を、2020年1月1日より0.50%以下に制限することが決定されています。そこで、MEPCの判断において参考とされた調査の担当者や専門家の方々をお招きし、「2020年からのSOx・PM 規制強化に関するセミナー」を開催致しました。

当日は多数の方々にご来場頂き、盛況のうちに終了することができました。ご来場くださいました皆様に厚く御礼申し上げます。

2016年11月29日(火) 13:30 ~ 17:00
ベルサール秋葉原「2階ホール」
一般財団法人 日本海事協会
東京会場
>会場
パネルディスカッション
>パネルディスカッション
 【基調講演】

MEPC70 における船舶燃料油の硫黄分濃度規制の強化に

関する審議結果の紹介

講演者 :
国土交通省 海事局
海洋・環境政策課
環境渉外室長 植村 忠之 様

発表資料(PDF形式)ダウンロード(434KB)
国土交通省 海事局 海洋・環境政策課 環境渉外室長 植村 忠之 様
 【講演Ⅰ】

SOx・PM規制強化による環境改善効果と対応技術動向

講演者 :
一般財団法人 日本海事協会
技術研究所 調査企画部
特任検査員 華山 伸一

発表資料【日本語】(PDF形式)ダウンロード(2.5MB)
発表資料【英語】(PDF形式)ダウンロード(1.7MB)
一般財団法人 日本海事協会 技術研究所 調査企画部 特任検査員 華山 伸一
 【講演Ⅱ】

2020年における低硫黄燃料供給可能性プロジェクトの紹介

-Assessment of Fuel Oil Availability-

講演者 :
IMO低硫黄燃料供給可能性プロジェクト
コンソーシアム代表 CE Delft
Jasper Faber 博士

発表資料(PDF形式)ダウンロード(1.1MB)
参考資料(PDF形式)ダウンロード(3.9MB)
IMO低硫黄燃料供給可能性プロジェクト コンソーシアム代表 CE Delft Jasper Faber 博士
 【講演Ⅲ】

日本国内における低硫黄燃料供給の可能性

講演者 :
国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
海上技術安全研究所 環境・動力系
研究員 林 利昭 様

発表資料【日英併記】(PDF形式)ダウンロード(373KB)
国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所 環境・動力系 研究員 林 利昭 様
 【講演Ⅳ】

低硫黄燃料を使用する機関側に必要とされる取り組み

講演者 :
一般財団法人 日本海事協会 テクニカルアドバイザー
兼 九州大学 大学院 総合理工学研究院 
熱機関工学研究室
教授 高崎 講二

発表資料【日本語】(PDF形式)ダウンロード(8.8MB) 発表資料【英語】(PDF形式)ダウンロード(9.5MB)
一般財団法人 日本海事協会 テクニカルアドバイザー 兼 九州大学 大学院 総合理工学研究院 <br />
熱機関工学研究室 教授 高崎 講二
 【パネルディスカッション】

パネリスト:
上記講演者及び
日本郵船株式会社 エネルギー輸送本部 燃料グループ
グループ長 篠崎 宏次 様

株式会社商船三井 海上安全部 機関・保船グループ
グループリーダー 橋口 靖生 様

川崎汽船株式会社 技術グループ 造船計画チーム
チーム長 山﨑 伸也 様

*講演者の方の会社名、役職・所属については、講演当時のものです。