ホーム > 活動紹介 > IoS(船のIoT)オープンプラットフォームに関するフォーラム
活動紹介一覧
 

IoS(船のIoT)オープンプラットフォームに関するフォーラム

開催日:2017年 7月4日

船舶IoTデータを業界全体が有効に利活用するための体制・仕組みを幅広く検討すべく、業界団体を通じて関係者の皆様にお声がけし、4月に“船舶IoT利活用のためのオープンプラットフォームに関するフォーラム”を、5月には“船舶IoTオープンフラットフォームに関するワークショップ”を開催しました。これらフォーラム及びワークショップでは、個別企業や業種の枠を超えてデータを活用できる基盤を構築するというオープンプラットフォーム構想の実現に向け、データ提供及び活用における技術面・法務面に関する議論を行いました。
そしてこのたび、「IoS(船舶のIoT)オープンプラットフォームに関するフォーラム」を開催し、フォーラムチェアマンの大和裕幸東京大学名誉教授・国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所理事長をはじめ、各分野の方々にご登壇いただき、これまでの議論をふまえ、今後の船舶IoTデータの在り方等についてご講演いただきました。

当日は多数の方々にご来場頂き、盛況のうちに終了することができました。ご来場くださいました皆様に厚く御礼申し上げます。

また、残念ながらご来場頂けなかった方には、当日配布致しました講演資料をご提供させて頂いておりますので、ご入用の方は以下の連絡先までお問い合わせください。

2017年7月4日(火) 13:00 ~ 17:10
砂防会館「利根会議室」
一般財団法人 日本海事協会
経済産業省、国土交通省
会場
>会場
 【基調講演】

IoSオープンプラットフォーム構想と今後の展開

講演者 :
【フォーラムチェアマン】
東京大学名誉教授
国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
理事長 大和 裕幸 様

発表資料(PDF形式)ダウンロード(1.7MB)
【フォーラムチェアマン】東京大学名誉教授 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 理事長 大和 裕幸 様
 【特別講演】

コグニティブ時代を支える最新テクノロジー

講演者 :
日本アイ・ビー・エム株式会社
研究開発担当 執行役員 森本 典繁 様

※日本アイ・ビー・エム株式会社殿のご意向により、講演資料は掲載しておりません。

森本様経歴ご紹介(PDF形式)ダウンロード(840KB)
日本アイ・ビー・エム株式会社 研究開発担当 執行役員 森本 典繁 様
日本IBM東京基礎研究所
http://www.research.ibm.com/labs/tokyo/
 【講演Ⅰ】

船舶IoTデータ利活用によるイノベーション創出を促進する

オープンプラットフォーム

講演者 :
株式会社シップデータセンター
代表取締役社長 永留 隆司

発表資料(PDF形式)ダウンロード(1.5MB)
株式会社シップデータセンター 代表取締役社長 永留 隆司
 【講演Ⅱ】

スマナビ研の取組みとオープンプラットフォームへの期待

講演者 :
一般社団法人 日本舶用工業会
新スマートナビゲーションシステム研究会
座長 安藤 英幸 様
(株式会社MTI 船舶技術部門 部門長)

発表資料(PDF形式)ダウンロード(2.5MB)
一般社団法人 日本舶用工業会 新スマートナビゲーションシステム研究会 座長 安藤 英幸 様(株式会社MTI 船舶技術部門 部門長)
 【講演Ⅲ】

IoS(船のIoT)オープンプラットフォームと

試験水槽との融合技術への期待

講演者 :
株式会社三井造船昭島研究所
取締役 技術統括部長 木村 校優 様

発表資料(PDF形式)ダウンロード(5.9MB)
株式会社三井造船昭島研究所 取締役 技術統括部長 木村 校優 様
 【講演Ⅳ】

ShipDCへのオープンイノベーションハブとしての期待

講演者 :
株式会社商船三井
常務執行役員 川越 美一 様

発表資料(PDF形式)ダウンロード(1.2MB)
株式会社商船三井 常務執行役員 川越 美一 様
 【講演Ⅴ】

日本郵船の船舶IoT・ビックデータに関する取組と

データセンター・船級協会に対する期待

講演者 :
日本郵船株式会社
常務経営委員 小山 智之 様

発表資料(PDF形式)ダウンロード(3.7MB)
日本郵船株式会社 常務経営委員 小山 智之 様
 【まとめ】

日本海事協会のデジタル戦略の方向性

講演者 :
一般財団法人 日本海事協会
新事業開発本部長 髙野 裕文

発表資料(PDF形式)ダウンロード(1.8MB)
一般財団法人 日本海事協会 新事業開発本部長 髙野 裕文
*講演者の方の会社名、役職・所属については、講演当時のものです。